2017年12月30日土曜日

2017年 G1戦線総括



2017年のG1は全24戦が終了

究極の穴馬情報では9レースで

穴軸が連対するという結果

ココからは穴軸の単勝と

馬連(配信時の相手4頭への期待値)

三連複(配信時の相手4頭への期待値)の

3項目に絞って掲載いたします








頭獲りとしては5つで

高松宮記念のセイウンコウセイ

ヴィクトリアマイルのアドマイヤリード

秋華賞ディアドラ

ジャパンカップのシュヴァルグラン

チャンピオンズカップのゴールドドリーム





単回収率は114%という結果


配信時の期待値としての

相手推奨4頭への期待値馬連回収率は





◆高松宮記念 2150円
セイウンコウセイ(軸)
→レッツゴードンキ

◆大阪杯 2320円
ステファノス(軸)
→キタサンブラック

◆ヴィクトリアマイル 外れ
アドマイヤリード
→抜け

◆安田記念 10480円
ログタイプ(軸)
→サトノアラジン

◆宝塚記念 5250円
ゴールドアクター(軸)
→サトノクラウン

◆スプリンターズS 1760円
レッツゴードンキ(軸)
→レッドファルクス

◆秋華賞 1510円
ディアドラ(軸) 
→リスグラシュー

◆ジャパンカップ 1770円
シュヴァルグラン(軸)
→レイデオロ

◆チャンピオンズカップ 4140円
ゴールドドリーム(軸)
→テイエムジンソク





今シーズンも例年どうり好結果

馬連期待値回収率は153%を記録












相手推奨4頭への三連複12点買いの

期待値回収率は




◆高松宮記念 4830円

セイウンコウセイ(軸)
→レッツゴードンキ
→レッドファルクス

◆大阪杯 3230円
ステファノス(軸)
→キタサンブラック
→ヤマカツエース

◆ヴィクトリアマイル 外れ
アドマイヤリード(軸)
→抜け

→ジュールポレール(軸)

◆安田記念 43500円
ログタイプ(軸)
→サトノアラジン
→レッドファルクス

◆宝塚記念 10670円
ゴールドアクター(軸)
→サトノクラウン
→ミッキークイーン


◆スプリンターズS 外れ
レッツゴードンキ(軸)
→レッドファルクス
→ワンスインナムーン(軸)


◆秋華賞 外れ
ディアドラ(軸) 
→リスグラシュー
→モズカッチャン(オッズ異常)


◆ジャパンカップ 1300円
シュヴァルグラン(軸)
→レイデオロ
→キタサンブラック


◆チャンピオンズカップ 外れ
ゴールドドリーム(軸)
→テイエムジンソク

→コパノリッキー(軸)






ダブル獲り3つは必然的にOUTですので


相手推奨4頭への三連複12点買いの

期待値回収率は221%









総括としては全体的にまずまずの結果ですが

今だから言える2択をミスした


エリザベス女王杯が非常に痛かったです

直前でクロコスミア→クイーンズリングに変更し

クロコスミアが2着という結果

それが有馬記念にも尾を引いて

クイーンズリング→ヤマカツエースに・・・

誰でもある2択のミスですが

やはり競馬は流れが重要だと再確認

逆に直前の2択の選択で美味しい思いも

あるでしょうが良い記憶は美化されて

忘れていくも都合の良い物でもありますが・・・・







そして何といってもヴィクトリアマイルの

ダブル獲り90万超え×2本を

デンコウアンジュ抜けで個人的に取り逃がしてしまった事は

あり得ない現象であり恥ずべき結果

競馬を初めて1番の屈辱を味わった私は

更に貪欲に競馬に取り組んでいく事でしょう

2018年もG1戦線の

究極の穴馬情報に御期待ください
 
 







2018年牡馬クラシック路線は

ワグネリアンとダノンプレミアムが

実績と印象で2強の様相で

タイムフライヤーが続く形ですが

2強と同等かそれ以上のの力を秘めていそうな

この2頭を注目馬に挙げておきます
☟☟



(中央競馬部門 8位前後文末)





=会員募集=

◆専用サイトにて

パドック&返し馬情報を掲載
有馬記念まで会員・宝塚記念まで会員

※穴馬あぶりだし法Ⅱは
入会時に特典としてお伝えいたします



===========
2017年の実績
2017年重賞 穴馬指定馬(軸)(JC帯画像公開)
2017年重賞 パドック&返し馬での推奨馬
2017年度 重賞でのオッズ異常馬
===========







=投資競馬の最高峰=

捨て馬参考にオススメ(無料)

馬連ポートフォリオ
(安心の的中率とリアルな回収率)

==============







※相馬眼の勉強を兼ねて...
返し馬の見方
パドックの見方





http://anauma-zyouhou.blogspot.jp/2015/12/blog-post_74.html