2018年3月29日木曜日

大阪杯の波乱のシナリオ


今週出走馬の最終追い切りも終了

ココからは非常に楽しみなメンバーが揃い

波乱の可能性が限りなく高い

大阪杯の波乱のシナリオを考えます


 
 
 
 



◆ココの水曜情報には注目◆

大阪杯で注意すべき3つのポイント!


・池江厩舎は・・・
・サトノダイヤモンドは・・・
・2頭出しの・・・

上記3項目を徹底的に暴露中!
今週の水曜情報にも期待大!

☟☟
第5の勢力の巻き返し
※社台軍団の本音&水・木曜情報は必読
-------------------------------------PR











スワーヴリチャード

休み明けの金鯱賞は+10キロの余裕残しで

4角2番手から上り2位の脚で競り勝ち

叩き台としては及第点ですが

着差や相手関係(2着サトノノブレス0,1差)を

考えれば物足りないのも事実

今回は5戦5連対の左回りから

4戦2連対で明らかに苦手な右回りになってどうか









アルアイン

休み明けの京都記念では2キロ背負っていたとはいえ

クリンチャーと同じ4角4番手から競り負け

今回もノーザンFしがらき仕上げで挑むレースで

しがらき仕上げでは5戦5連対と最高のローテ

高速馬場の皐月賞を先行して制しているように

今の高速馬場は問題ないですが

内枠を引きたい1頭である事は間違いないでしょうね










サトノダイヤモンド

フランス遠征以来の金鯱賞は

出来がイマイチ(コノ馬としては)でしたので

上り最速での3着は及第点というイメージ

国内では11戦して馬券を外していないという

ディープ産駒の牡馬で国内G1を2つ制した唯一の馬(恐らく)

追い込み馬というよりもHaloのクロスでの

機動力で差してくる馬で意外と4角では良い位置にいる馬

どれだけ体調が戻っているかでしょうね









シュヴァルグラン

ジャパンカップは穴軸で勝負し単オッズ13倍超で頭獲り

その後は有馬記念3着の後は休養して大阪杯が今年初戦

実は2000Mは5戦して全て馬券圏内と

言われるほどは悪い結果では無いですが

持ち時計が2分以内は1度も無いですし

関西G1で三浦騎手というのもどうかと
(今年2つのG1で穴連発ですが)








ダンビュライト

AJCCでは番手から後続を0,3秒突き放す完勝

常に先行できる競馬が上手いのが特徴

実は小箱(2・0・2・0)と大阪杯への適性は高く

今回はノーザンFしがらき仕上げで挑める点も

G1になると力が入り過ぎる音無厩舎としては良いはず

テン乗りの浜中騎手との相性次第ですが

騎手替わり(3・1・1・0)と慣れた騎手より良い可能性も










調教を見る前段階ですが

非常に面白そうなレースで加えて配当妙味もあるレース

翌週からのクラシックに向けて

エンジン全開としたいですし

その為にはココは大きく獲りたいレース

穴軸は既に絞っていますので

G1無傷の3連勝に御期待ください







◆ココの木曜情報には注目◆

・大阪杯
・ダービー卿CT

上記2重賞の「穴馬Joker」を公開中。
2頭共に人気薄確実ですので
読み応えは抜群ではないでしょうか?


私は木曜に掲載と同時にで
100%目を通す最優良コンテンツです

1番辛口の老舗 

※当然無料で観覧できます
-------------------------------------PR










先日は小箱特有の機動力勝負になるならと

推奨馬を挙げましたが今回は小箱の

持続力勝負(ロンスパ戦)になるなら

推奨したい馬を御紹介

当然血統的な裏付けとしては

5年連続馬券に絡んでいるボールドルーラーか

ノーザンテーストの持続力血統を主要4本に持つ馬で

今年の該当馬は勝負圏外のヤマカツライデン以外では

人気のスワーヴリチャード&アルアイン以外では

コノ馬のみです☟☟



(中央競馬部門 8位前後文頭)





=会員募集=

◆専用サイトにて


パドック&返し馬情報を掲載
有馬記念まで会員・宝塚記念まで会員

※穴馬あぶりだし法Ⅱは
入会時に特典としてお伝えいたします


2018年の重賞実績

2018年重賞 穴馬指定馬(軸)
2018年重賞 パドック&返し馬推奨馬
2018年度 重賞でのオッズ異常馬
===========
2017年の実績
2017年重賞 穴馬指定馬(軸)(JC帯画像公開)
2017年重賞 パドック&返し馬での推奨馬
2017年度 重賞でのオッズ異常馬
===========






=投資競馬の最高峰=

捨て馬参考にオススメ(無料)

三連単ポートフォリオ
(回収率に特化したブログ)

==============




http://anauma-zyouhou.blogspot.jp/2015/12/blog-post_74.html















◆現地からの競馬取材情報なら
☟コチラもお勧めです

無料調教診断