2018年5月17日木曜日

オ-クスの波乱のシナリオ



今週出走馬の調教がすべて終了

先週の勝負G1ヴィクトリアマイルでは

調教評価上位3頭で3着独占(8・1・7人気)

オークス出走馬や平安S出走馬も

完璧に出来を見抜いて

予想のスパイスとして役立てていきたいです

ここからはオークスの波乱のシナリオを考えます







◆ココの水曜情報には注目◆

完全無料でのオークス特集

3つのチェックポイントを徹底解析


別路線組に出番はあるか?
と題して別路線組5頭を徹底解析!


読み応え抜群の内容を無料公開
☟☟
第5の勢力の巻き返し
※社台軍団の本音&水・木曜情報は必読
-------------------------------------PR












アーモンドアイ

2連勝で挑んだ桜花賞は出遅れも

上り2位の馬に1秒差も付ける末脚で

ラッキーライラックを差し切っての1冠

当時は霧濃霧で調教映像が見れませんでしたので

1週前追い切りが実質的には初めて見ましたが

オンとオフの切り替えが巧いというイメージ

波乱のシナリオとしては父ロードカナロア産駒が

府中2400Mでパフォーマンスを上げる事に疑問な事と

使い減りするのでシンザン記念から

直行で桜花賞へ向かった馬が

デビュー以来1番短いレース間隔で疲労が

残っている可能性が高い点でしょうか

出来に関しては土曜に触れます









ラッキーライラック

桜花賞後にノーザンFしがらきに出されて

4月21日に帰厩という短期放牧

桜花賞では自慢のストライドを伸ばせない

1枠からの競馬で終始窮屈な走りでしたので

まだアーモンドアイとの勝負付けは終わっていない馬

父オルフェーヴルですので距離は問題ないでしょうが

母系にはアエロリットやミッキーアイルなどの

~マイルG1勝ち馬が名を連ねるスピード血統

府中の2400Mがベストとは思えない事が

波乱のシナリオですが石橋騎手=オークスが

連想できない点も私的にはマイナス材料ですね

出来に関しては土曜に触れます









サトノワルキューレ

フローラSでは最後方から上り最速で差し切り勝ち

スローの前残りでしたので着差よりも

差し切った根性を評価したい馬で

2,3走前には京都と阪神で

牡馬相手に2400Mのレースで勝ち負けしており

オークスの距離の心配は皆無という状況の

角居厩舎×デムーロ騎手のタッグ

波乱のシナリオとしては桜花賞組とは

未対戦ですので力関係が読めない点と

近走はスタートが悪すぎる点ですね

出来に関しては土曜に触れます










リリーノーブル

阪神JF・チューリップ賞・桜花賞と

王道ローテ皆勤賞で全て馬券圏内と

イメージ的には昨年のリスグラシューに似たイメージ

マイル以上の距離に経験が無く

気性も荒いという点はマイナス材料でしすが

実は左回りのデビュー戦のパフォーマンスが

非常に高く軽視は禁物な馬で間違いはないはず

ノーザンテーストのクロスの持続力の横綱競馬で

何処まで上位陣とやり合えるか注目












◆水曜G1データ大作戦◆

~オークス編~
下記6項目で炙り出された馬は
なんと7頭のみ
☟☟







無料公開中ですよ 
1番辛口の老舗 
※当然無料で観覧できます
-------------------------------------PR














その他の人気馬や各馬の出来に関しては

土曜深夜に掲載いたしますがココでは

先週からの府中の馬場傾向を

血統レベルで精査してみれば

京王杯SCとヴィクトリアマイルで

ある血を持つ馬が(2・1・0・1)と

4頭出走して3連対とバイアスが濃い状況

オークス出走馬では1頭のみが該当する

血統条件と該当馬を時間差掲載
☟☟


(中央競馬部門 8位前後文頭)





=会員募集=

◆専用サイトにて

パドック&返し馬情報を掲載
有馬記念まで会員・宝塚記念まで会員

※穴馬あぶりだし法Ⅱは
入会時に特典としてお伝えいたします


2018年の重賞実績

2018年重賞 穴馬指定馬(軸)
2018年重賞 パドック&返し馬推奨馬
2018年度 重賞でのオッズ異常馬
===========
2017年の実績
2017年重賞 穴馬指定馬(軸)(JC帯画像公開)
2017年重賞 パドック&返し馬での推奨馬
2017年度 重賞でのオッズ異常馬
===========







=投資競馬の最高峰=

捨て馬参考にオススメ(無料)

三連単ポートフォリオ
(回収率に特化したブログ)

==============




http://anauma-zyouhou.blogspot.jp/2015/12/blog-post_74.html