2018年4月14日土曜日

皐月賞を獲る




土曜はアーリントンカップのみの配信で

穴軸が馬券に絡まずの結果

ガチガチの決着で出番無しですが

日曜2重賞は波乱含み確実ですので

春のG1前半戦のハイライトになればと思います









◇必見!重賞データ解析◇
このコンテンツは以前から注目していて
過去の傾向から■消し条件■として

毎週いくつかの篩にかけて
連対する可能性が低い馬を消去し
残った3~6頭ピックアップ。

掲載レースは毎週1番注目される重賞。

今週はG1皐月賞をピックアップ!



■■消し条件【1】
・前走⑥着以下で、

GI③着以内に入ったことがない上、
2走前の重賞で1馬身差以上で勝っていない。

■消し条件【2】
・前走非重賞で、1馬身差以上で勝っていない。

■消し条件【3】・・・・・・・・・・・・・


今回のの消し条件で

残った馬はズバリ5頭!!

【必見!重賞データ解析】のコンテンツにて
無料で観覧できますので是非ご登録を!

☟☟

素人では知り得ない内部情報
※必見!重賞データ分析のコンテンツ内で
======================











1番人気はワグネリアン

キャラ的に共同通信杯を叩くと思っていましたが

王道弥生賞を選択し如何にもダービーまでは

過剰に売れそうな脚の余し方で2着の結果

末脚は確かですが昨年のレイデオロや

スワーヴリチャードのように届かない姿が想像できるのは

私だけでは無いはず(福永騎手)

出来に関しては上位人気馬の中では1番微妙でした









2番人気はステルヴィオ


ルメール騎手×ロードカナロア産駒で

先週のアーモンドアイ同様のコンビ

スプリングSを1番人気1着で迎える皐月賞ですが

ロードカナロア産駒の距離の壁と

一桁馬番(3・0・0・0)
二桁馬番(0・2・0・0)

この2点を克服できるかでしょうね

出来に関しては可もなく不可もなくプラマイゼロ程度










3番人気はキタノコマンドール

異例のローテですがすみれSの勝ち時計や

ビートたけし氏の命名馬という事と

デムーロ騎手騎乗で過剰に売れるであろう馬

今回もノーザンFしがらき仕上げで挑むレースですが

「フサイチジャンク臭」がするのは私だけでしょうか

出来に関しては2強よりは上という判断

陣営の意外なジャッジはココで暴露
☟☟
重賞の裏話しから買い目まで無料公開 
※G1裏情報コンテンツ内で











4番人気はジャンダルム

ホープフルSは2着で弥生賞は3着と

中山二千の王道レースで連続して馬券圏内

武豊騎手騎乗で素人票が多く入るでしょうが

母系のビリーヴの血と前走-10キロの馬体重は

不安材料と言えるはずで

昨年のダンビュライトと被る点も多いですが

人気は圧倒的にコチラが上ですので妙味は薄い馬

出来に関しては2強よりは上という判断








5番人気はエポカドーロ

スプリングSは離れた番手からの競馬で

実質はスローの逃げでの2着というイメージ
(逃げ馬が大逃げ失速)

初輸送&初急坂克服で

今年連対率5割程度の藤原英厩舎馬で

穴人気の存在ですが同型が多く

ヒダカの馬が社台相手に五分で戦えるかどうか










━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆G1直前関係者情報◆


G1皐月賞


【陣営の強気度】
(○)強気
(△)普通
(×)弱気


陣営の勝負度合をコメント付きで3段階表示
無料公開中ですよ!!!!
☟☟
第5の勢力の巻き返し
※G1直前情報コンテンツ内で
-------------------------------------PR












ダノンプレミアム回避で大混戦の皐月賞


ココが2018年G1で最初の波乱レースになる

確率は相当高いはずですので

大きく獲って天皇賞春からの

G1連戦に向かっていきたいですね










最後に大穴推奨としては

中山4戦連続参戦と

下見十分のコノ馬☟☟



(中央競馬部門 8位前後文頭)







※愛知杯60万&オーシャン67万馬券

◆最後にココの大胆な消し馬に要注意
☟☟

三連単ポートフォリオ





http://anauma-zyouhou.blogspot.jp/2015/12/blog-post_74.html













◆現地からの競馬取材情報なら
☟コチラもお勧めです
無料調教診断